投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

何万円もするちっぽけな木片 〜アラブ・ストリート物語〜

イメージ
先日シンガポールで、プラプラとアラブストリートを歩いた。
歩いてみて、かれこれ15年くらい前にシルクを買いに来たことがあると気づく。日暮里のようなテキスタイル天国だ。
カラフルなスカートが並んでいる店先でちょっとスカートを物色していたとき。 ふと沈香の匂いがする。気のせいだろうと思った。だってここは日本じゃない。シンガポール。
でも気のせいじゃない。そこにいる西洋人の女性がつけてる香水? わからない。
店の中をちらっと除いてみた。そして、目を疑う。ズラッと、香木が並んでいるのだ。
まさか・・・・沈香?

沈香とは、香道に使われる唯一の香木であり、高級なお焼香の素材でもある。江戸時代の遊郭では常にこの香が焚かれていたともいう。
その目にしたものと匂いに誘われるように、店内に入った。その光景に圧倒される。普通の人には木の枝が並んでいるようにしか見えないだろうけど・・・私は知っている。一本一本が、何十万、いやもしかしたら何百万もするかもしれないことを。
棚にも無数の売り物の香木が並んでいた。
店主に聞いた。
「まさか、ここに薫ゆる香りはargarwood(沈香)ではないですか?」
店主は私がただのお客さんではないということに気づき、
「そうです、今朝焚いたのです。その残り香ですよ。ここに座ってください。」


From 魔女の実験室3
店主はおもむろに炭に火をつけた。
「それ、日本の香道に使われる炭でしょう?」
「わかりますか? アラブの炭はケミカルの匂いがするので、日本から取り寄せているのですよ。」
そしてひとつひとつ香木を焚いた。
ひとつめは、kalimantan 軽めの香りの香木。沈香というよりは、木の香り。一般受けする香りかもしれない。
ふたつめは、kalimantan 重めの香り、「水に沈む香木」つまり沈香のことだ。銀色っぽい香り。私の好みの香りだ。
みっつめは、muraka ちょっとスパイシー。シナモン系。これはこれで好きかも。
よっつめは、店先には並んでいないもの、ビルマの Royal Macan という香木。これはクミンっぽい香りがちらほら。しかしやはり売りに出してないだけある。沈香の最高級、伽羅だろう。先の香りが「銀色」だとしたら、こちらは「金色」だ。
こんな貴重なものを焚いてくれたのは、特別な対応かもしれない。店主も私の沈香ストーリーを楽しんだのだと思…