投稿

2013の投稿を表示しています

あるアーティストのことば

今日、哀しい知らせが届きました。

わたしが敬愛する、あるアーティストが、亡くなったとのこと。

この哀しみをどこにどうやればいいのだろう・・・と思い、ここに彼から受け取ったものを書こうと思いました。



ズビグニエフ・カルコフスキー。わたしが知る限り、世界一といってもいいくらい、自由で、純粋なアーティストでした。


彼の生き方に触れた人はみんな、そう言うでしょう。

実験音楽の世界では、世界的に名の知れた人です。何も持たず、いつもツアーで演奏しながら旅をし、かならず東京の恋人のところに戻って来る。そんなふうに、ビザ無しで東京に10年以上暮らしていたでしょうか。

いつもアングラな世界で、じぶんに素直に、生きていた。

まるで子どものような人で、じぶんにも他人にも、純粋で、正直だった。その点において、厳しい人でした。



もうかれこれ10年以上前になるでしょうか。彼らの中野の家に泊まった翌朝、「今日は××しなきゃ〜。(××の内容は忘れましたが)」と言うと、「マキ、アーティストにはな、must とか have to てものはないんだよ」と言われたのでした。

このひとことに、ハッとしました。アーティストの仕事には、自由が前提にある。アイディアの自由。感性の自由。表現の自由。その中で、じぶんがやりたいことだけをやるのが使命なのだ。

そのためには、生活のための必要最低限のお金が必要だし、時間だって必要。だから、たとえレジ打ちのアルバイトだって、「must」ではなく、喜んでやるものなのだ。

彼のこのことばは、私がアーティストとして、いや、ひとりの人間として生きて行く基本姿勢になったのでした。



ガンが発覚したのもつい最近だったらしいのですが、

彼にはもちろん健康保険などあるはずもなく、それでも医療を受ける手はずが整った時には手遅れで、

ペルーのジャングルにシャーマンを訪ね、そこで独り、旅立って行った。



ありきたりな追悼の言葉など、彼なら要らないと言うでしょう。悲しんで泣いていたら、笑われるでしょう。

彼のためにできることは、今を精一杯生き、表現し続けていくことしかないのかもしれない。

明日の保証なんて、どこにもないのだから。彼からもらったインスピレーションを、私なりの形で、他の人にもバトンのように渡していこうと思うのです。

香りの建築 古今東西

イメージ
香りを建築的に使い、空間に漂う香りを楽しもうとする試みは、古今東西に見られます。

日本ではひとつ、藤棚が挙げられます。



藤の香りは重く、下に沈む特性があります。その性質を使ったものです。

まだまだ探せば他にも例はありそうですけどね。

西洋では、ローマ時代のコロッセウムが挙げられます。



上の方の偶像からネロリウォーターを流していたとのことです。

コロッセウムの中はオレンジの花の芳香に満ちていたことと想像されます。

そんな香り体験をしてみたいですよね。

嗅覚エキスパート3人が結集

イメージ
昨晩、ブレダ(オランダ)にあるメディア系の学部にて、嗅覚アートに関するレクチャーをしてきました。

メディア系というとまさに、私の出身領域。そういうIT系の学部が匂いに取り組むとは・・・一昔前は考えられなかったこと。いたるところで匂いへの興味が急上昇中であることを、ここヨーロッパで感じています。


48時間、学生が寝食ともに過ごし、匂い談義して何かプロトタイプを作るための授業です。うら若き10代後半の男女が寝食ともになんて・・・しかもビールは飲み放題。なんかあぶなかしい企画ですね〜。先生たちも、「つまり、その・・・。言いたい事はわかるだろ。問題になるようなことはするなよ。」みたいな(笑)




レクチャーは、アート史専門家のカロ・フェルベーク女史と一緒でした。





「シャネルの分解」の作品を実際に嗅いでもらいました。



もうひとりのゲスト講師、ペーター・デ・クーペレとともに、嗅覚エキスパート3人で夕食。嗅覚アートの世界ではよく名が知られている3人ですので、情報交換し、同士として刺激を与え合いました。やっぱり嗅覚アートの本場は、オランダ圏といっても過言ではないですね。


http://www.avanscmd.nl/ Communication & Multimedia Design - Avans Hogeschool in Breda

オランダ王立美術大学での授業(舞台裏編)

イメージ
オランダ王立美術大学は、オランダの首都ハーグにあります。ロッテルダムの家からドアtoドアで約1時間くらい。

3週間ほど、めずらしく人並みの「通勤」をして、なんだか誇らしい私でした (笑)



ハーグ中央駅の目の前にある学校です。




建物は全体的にピート・モンドリアン! オランダには昔、デ・ステイルという美術運動がありました。モンドリアンはその中心人物でしたが、この建物もそれに影響されたものかと思われます。基本色は青・赤・黄・白。



授業は10:00から。受付で教室の鍵を受け取るのですが、私はどこからどう見ても学生にしか見えないらしく、よく断られました(笑)。授業が終わる頃にはようやく顔を覚えてもらえましたが・・・。

食堂でコーヒーを買って、コーディネータから印刷物を受け取ったりした上で、部屋の鍵を開けます。誰もいない、シーンとした教室。これがけっこう好きでした。



昼は1時間ほど、ランチの時間をとります。天気がよければ中庭でピクニック。この時間を使って次のプロジェクトを打ち合わせをしたり、別の学部の生徒の個別アドバイスをしたり。ランチブレイクもいつも忙しかったです。



午後の部を始め、16:00に終わります。片付けて教室を出るのはだいたい16:30。

私のワークショップでは特殊な器具や素材を扱うので、すべて自分のアトリエから持ち出しでした(もちろんコストはカバーされますが)。物理的にこの箱をほぼ全部、教室に移動したわけです。



車で通勤するときは、いたしかたなく首都のラッシュアワーの渋滞に巻き込まれます・・・。





家に帰ってからも何かと忙しく、その日の内容を整理してブログサイトに写真をアップしたり、翌日のプリントを作ったり。今は生徒の成績をつけているところです。

嗅覚や匂いの基本から知らないとお話にならない授業なので、なるべく体系づけて勉強できるよう、「教科書」を少しずつ作り始めています。すべてブログサイトに上げてますので、興味ある方はご覧下さい(英語です)。

http://smellart.blogspot.com












嗅覚のためのゲーム

イメージ
匂いとアート - 匂いというメディウムをアートに応用するための導入コース - http://smellart.blogspot.com
このコースは Maki Ueda (www.ueda.nl)により、オランダ王立美術学校 (www.kabk.nl) とオランダ王立音楽学校の学部間学部アート・サイエンス(www.interfaculty.nl)にて提供されました。





3週間の「嗅覚アートへの導入コース」が終わりました。最終課題は「嗅覚のためのゲーム」。学生の力作をご覧下さい! みんな輝いているでしょう? 匂いについて知ると、人生が開けるといっても過言ではありません。

またこの授業は世界的にもユニークな内容なので、とたんにツイッターなどで拡散され、「受けるにはどうしたらいいの?」といった質問が世界中から舞い込んでくるようになりました。以前にも増して。

このような形で学校のコースとして(単位の対象として)やらせてくれるところは、今の時代ではまだ稀だと思ってます。オランダには密な人脈があったからこそ、かつオランダ特有の開拓精神があってこそ実現できたこと。嗅覚のアートはまだまだ、黎明期なのです。

なので、じぶんのアトリエ兼ワークショップ・スペースを作らないと・・・。数年前から公言している夢。

世界のどこでもいいといえばいいのですが、やはり日本がいいかな。条件は、庭付き一軒家、格安、外人に魅力的な田舎、かつ成田からアクセスが良いこと、かな。千葉の田舎か、LCCが豊富な沖縄が候補地です。







休日はよく植物園に行きます

イメージ
いつ行っても植物園をほぼ独り占めできるので(経営だいじょうぶだろうか)、
ひとり静かになりたいときにいい。

昨日は私物整理をしていたらホコリで喘息がリバイバルしてしまったので、
まずいと思い、清澄な空気を吸いにここに来ました。


ロッテルダムでいちばん好きな場所です。 Trompenburg 植物園。







もうちょっと早い時期ならもっと香りも潤沢なのでしょうけど、もう季節は晩秋。


何のハーブかな。紫色の匂いだな〜と思ったら、紫色の花でした。


これは春っぽい香り。


"sparren"
Echinaformis という植物。針葉樹系の澄んだ香り。






これは。先日学生が抽出していた植物だ!
"Rollissonii"
グレープのような爽やかな芳香の奥に、ドクダミに似た生臭い香り。蠅を寄せ付ける為の香りかな。










Tea House はお休み中。。。残念。ここでケーキとお茶するのが愉しみなのに。










様々な針葉樹があるエリア。



そして私の大好きな場所、カナリヤ小屋。それはもう涙が出るほど美しい音で満ちています。本人達はただささやいて歌ってるだけのつもりなのだろうけど・・・。





サボテン小屋が新しくなった。お弁当持って来たら、ここで食べれるなあ。



サボテンの幾何学は、自然の摂理。本人達はそれがどれだけ美しいか知らないだろう。













サボテンの花にも微かな芳香がある。





サボテン小屋から外に出ると、急に秋の香りが鼻に入って来る。嗅覚に敏感になる。
温度と湿度の差によるのかもしれない。

砂漠からオアシスに戻ったら、喪失したはずの嗅覚が戻ったという人の話を思い出した。









教えるって、ひたすら愛を注ぐ「ご奉仕」の仕事

イメージ
私が現在教えている "Art Science"という学部 (www.interfaculty.nl) は、

オランダ王立美大 (www.kabk.nl)と王立音大 (www.koncon.nl)の共同設置学部です。

日本で言えば東京芸大にあたる、オランダのアート界では名門校です。

そんなところで、なぜ私のような日本人が教えることができるのか・・・不思議ですよね。



この学部は、哲学者であり教育者である Frans Evers と、作曲家の Dick Raaijmakers により、80年代に"Sound and Image Department” という名で創設されました。

世界的にはそれほど名が知れた学部ではないのですが、
オランダでは早くから広義のメディア・アートを実践している学部として知られています。
哀しいことに創設者はふたりとも、ここ数年で次々に逝ってしまいましたが、
その初期の教え子たちと、その教え子たちが成長して次々と先生になりました。


私はオランダ移住当時から、彼らと公私共々仲良くしています。

興味や仕事領域、捉え方や考え方が似てるんですね。

そういう人たちと展示のオープニングやイベント、パーティなどで会って、

ビールやワインを交わしながらあーだこーだ語り合う、

そんなことの積み重ねが、この仕事に巡り会わせてくれたと思っています。

つまり、お酒を交わすって、古今東西、大事なんですよ! 笑



アーティストって、半分くらいは呑みの仕事なんじゃないかな・・・

じつは水商売。 笑

呑めないとやってけないというわけではないけど、けっきょく人脈ありきの仕事なので。

今のように名が通るようになった後は、別に必要ではありませんけどね。



私はここで3年前に初めて、3週間ワークショップの講師をやらせていただきました。

内容は今年と同じ "Smell and Art" です。

当時、女性の講師はひとりもおらず、おまけに私はアジアからの移民・・・マイノリティ。

威厳のあるオランダ人男性のズラッと並ぶ講師陣の中にあっては、

こんな小さなアジアの女が教えるなんて、学生にとっても異例中の異例でした。



それでもチャンスを与えられた事に深く深く感謝し、

教えることに慣れてない私も、拙い言葉で必死にやり遂げました。

教え子のうちひとりは…