2012/01/11

NEWSLETTER 2012.01.10.



NEWSLETTER 2012.01.10.

Dear Friends,
Wishing you a happy, healthy, and inspiring year for you!   
Here I would like to update you myself of the period fall 2010 -  2011.


みなさま
昨年は大変お世話になりました。今年も、どうぞよろしくお願い致します。幸せで、健康で、インスピレーションに満ちた一年を願っています。
最近ずっとアドレス帳の整理・統合に追われていたため、newsletter もめっきりご無沙汰してしまいました。ここにまとめて2010年秋〜2011年のご報告をいたします。





"SMELL LISTENING" workshop (Nov. 2010)

"[]りを[]" ワークショップ (2010.11.)










photos: Lucia Guglielmetti
A WORKSHOP INSPIRED BY THE JAPANESE TRADITIONAL FORM OF ARTS, KOHDO
Smell as if you listen!
Kõdõ, one of the three classical Japanese arts as tea ceremony, is a gathering of appreciating incense and sharing emotions and imaginations with the people living in different time and space. A Japanese olfactory artist Maki Ueda holds her original and artistic Kõdõ ceremony.
For more information:






匂いを「聴く」かのように、嗅いでみましょう。茶道と並んで日本の3大伝統芸道のひとつといわれる香道。香りによって、時と空間を超えて心情やイマジネーションを共有するための集いです。そこにインスパイアされ、言葉や文化が違う背景の人たちともこのような共感を覚えたいと、SMELL LISTENING WORKSHOPを設けました。
組香: Looking for Truffles (トリュフを探しに)
伽羅 試無 本一   Truffle  トリュフ
羅国 試一 本一   White mushroom マッシュルーム
真南蛮 試一 本一  Porcini ポルチニ
真那賀 試一 本一  Poisonous red mushroom 赤い毒キノコ
佐曽羅 試一 本一  Shiitake 椎茸
寸聞多羅 試一 本一 Magic mushroomマジック・マッシュルーム

詳しくはこちらへ:







Release of "Open Sauces Book" (Nov. 2010)

"Open Sauces Book" の出版 (2010.11.)







Open Sauces is the dinner held at FoAM, Brussels in 2010, whose cooncept was subjected on molecular cooking to logistics, sustainability to the social aspect of food.
http://fo.am/open_sauces
  • includes full recipe of Edible Perfume Workshop
  •  includes full recipe of "Pea and Mint Soup - solid, liquid, gaseous -
  •  for anyone who is interested in molecular gastronomy, food art, scentology, and cooking with the focus on aroma
From the introduction... 
This book is designed as a collection of the “toasts” and their accompanying recipes from the Open Sauces dinner. It is a scrapbook – a “common-place book” in the parlance of earlier centuries – and a book of commons. Commons, a term denoting shared public resources, can be traced back to the sharing of provisions, of rationing limited amounts of foodstuffs to feed a whole community. Similarly, Open Sauces offers bite-sized morsels of diverse aspects of contemporary food culture – whether curious information, case studies, or specific techniques – to feed a diverse group of readers.
Open Sauces Book
ISBN 978-90-810733-0-1
edited and published by: FoAM
download the digital version: http://opensauces.cc/open.sauces.pdf


私が参加するアーティスト・グループFoAMによるユニークなディナー・イベント Open Sauces をフルカバーした本が2010年秋に出版されました。モレキュラー・クッキングから流通、サステイナビリティから食料問題まで、あらゆる題材をそのコンセプトとしたユニークなディナーです。
http://fo.am/open_sauces

Open Sauces Book
ISBN 978-90-810733-0-1
編集+出版:FoAM
価格:1冊10ユーロ

 手軽なところで、デジタル版がこちらからもダウンロードできます  http://opensauces.cc/open.sauces.pdf


  • ディナー・コースのフル・レシピつきです。
  • Edible Perfume Workshop の秘伝レシピを英文でフル掲載しています。
  • 「グリーンピースとミントのスープ 〜固形状、液状、気体状〜」のレシピもフル掲載です。
  • モレキュラー・ガストロノミー、フード・アート、匂いを意識的に使った調理などに興味のある方に。




Curating the
"Palm Top Theater Exhibition" as a part of International Film Festival Rotterdam 2011 (Jan. 2011)
ロッテルダム国際映画祭にて、Palm Top Theater をキュレーション (2011.01.)




Palm Top Theater PR video



Palm Top Theater Exhibition


I happen to curate a media art exhibition, in the context of the IFFR x V2_.  How come that?  This thing was simply interesting!
Enjoying 3D in your hand palm is something very special, and such fascination cannot be triggered by photographs: you just have to come and see it.  So as the olfactory works.  This exhibition is still on the global tour (organized by V2) so I hope you get a chance to see it.
collaboration with: V2_, DIRECTIONS, Jitsuro Mase


みなさんちょっと意外に思われるかもしれませんが、この私が、あるメディア・アートの展覧会をキュレーションしました。しかもロッテルダム国際映画祭という大きな舞台で。素直に「面白い!」と思ったものに食らいついたら、そんなことになってました。そういえばむかしはもっとメディア・アートっぽいことをしていたので、昔の仲間とふたたび一緒に仕事して、プチ同窓会みたいでしたね。ふだんは作家という立場ですが、キュレータという、またちょっと違う立場に立ち、得たものも多かったです。
Palm Top Theater を直訳すると 「手のひらの中の劇場」。iPhoneiPadなどのモバイル機器で、3D映像を楽しむ、という趣旨の展覧会です。裸眼で3Dを見る感覚は、匂い同様、写真に映せない。だからこそ感動があります。大好評で、現在世界ツアー中ですので、機会があればぜひ足を運んでください。
collaboration with: V2_, DIRECTIONS, 間瀬実郎



Palm Top Theater will come to the market

Palm Top Theater 製品化決定




The exhibition was well received and we got a lot of inquiries. We are working on bringing this product to the market. Will be released in early spring. Stay informed on the facebook "Palm Top Theater" fan page.
上記展覧会が好評で、「製品が欲しい」という注文が世界中から多数殺到したため、製品化プロジェクトが発動しました。今春には製品として発売できる見込みになりました。今、ガンバってます。お楽しみに。facebook に、Palm Top Theater ファンページを作りました。



"OLFACTOSCAPE" exhibited in Lucena, Spain at the Sensxperiment festival (Nov. 2011)

スペインにて、"OLFACTOSCAPE" の展示 (2011.11.) 






Olfactoscape is a 3m diameter space created with a curtain. The walls are "painted" with smells.OLFACTOSCAPE is a word that I made up, consisting of OLFACTO (= olfactory) and SCAPE (= scenery). Let's observe an olfactory landscape with our nose, like a dog. Close your eyes, walk and sniff.Some scents come closer to you, while others fade away. Is there any scent that attracts you, or that makes you want to approach? This is a research project of searching for the boundaries and possibilities of our sense of smell.
Japanese people have a unique sense for the scents in nature. They appreciate the scents of the season as if viewing the landscape. They feel tipsy for the sweet scents under the cherry blossoms in the early spring night, and they feel the autumn for the scents of osmanthus. OLFACTOSCAPE is meant for experiencing such olfactory attitude. The selection of the scents illustrates this Japanese sensitivity to nature.
This work was initially developed with the support of INFRAMINCE, Inc (www.inframince.jp) and PANTALOON (www.pantaloon.jp).

olfacto = 嗅覚の
scape =
風景、シーン
OLFACTOSCAPE(オルファクトスケープ)は、「OLFACTO = 嗅覚の」と「SCAPE = シーン・風景」を組み合わせた造語。
夜桜の仄かに甘い香りの下で酔い、金木犀の香りに秋を感じる。このように、匂いをまるで風景を眺めるかのように嗅ぎ、賞賛する、そんな類いまれな感性を、わたしたち日本人は持っている。
では、そんな匂いの風景を鼻で見てみよう。直径3mの、円筒形のこの空間の中に立ち、目を閉じ、犬のように鼻で匂いをサーチしてみよう。近づく匂いもあれば、遠ざかる匂いもあるだろう。それらが重なり合わさってまた別な匂いになるかもしれない。ついつい引き寄せられてしまうような、魅惑的な匂いはあるだろうか。これは、私たちの嗅覚の限界と可能性を探るための、リサーチ・プロジェクトでもある。
supported by INFRAMINCE, Inc (www.inframince.jp) and PANTALOON (www.pantaloon.jp).
 



Release of the skin care product "tilde_" from inframince, inc.

inframince, inc. より、化粧品 "tilde_" の発売






Exceptionally I've developed an aroma for this cosmetic product, simply because their concept was unique: if skin is to be a device of the haptic sense, why not skin care product to be a medium?


From the product note:
An olfactory artist Maki Ueda developed for the fragrance of [tilde_] with the image of "skin tone". It is not too sweet, somewhat dear, and transparent.
In the old Japanese language, there was no clear division in expressions for the color and the smell. For example the word "niou (fragrant)" meant not only smelling nice, but also meant that the color of "beni" looks vibrant. (The color is in between red, pink and orange). There is a perfect example in the oldest poem book "Manyoshu" edited more than 1000 years ago. The poem is about the beauty of a woman who is standing under a peach tree. The pink color of the blossoms is reflected on the chin of the woman. He says that the skin color of her chin is "niou (fragrant)".
Such unique Japanese sensitivity, somewhat synesthetic, became the starting point for the "skin tone scent".
5 types of lotions (each 2520 JPY)
5 types of milk (each 2835 JPY)
each 50g
http://tilde.inframince.jp/

「朝と夜、昨日の出来事、明日の予定、今いる場所や今の気分。自身を とりまく環境や状況は、日々刻々と変化します。そんな環境や状況にさらされている身体と外界の境界である“肌”。 “肌”は触覚というひとつの感覚器官として、時には視覚や聴覚以上に、ものごとの微差を感じています。」
「肌」「触覚」を感覚器官と認識し、ある種の「媒体(メディウム)」として開発された基礎化粧品 "tilide_"。この希有なコンセプトの化粧品の香りをクリエーションしました。
香りのインスピレーションとしたのは、万葉集の大伴家持の歌です。
“春の苑 紅にほふ桃の花 下照る道に出で立つ少女(をとめ)” [意味:春の苑は桃の花で紅に輝いている。その下に立つ少女も輝いて見える。]
当時の日本人の共感覚にアプローチし、「紅色を肌にのせる」「輝きを肌にのせる」そんなイメージの香りを現しました。
water (化粧水)5タイプ (2520)
milk (乳液)5タイプ (2835) 50g
http://tilde.inframince.jp/


ちなみにこの会社 inframince は、日常感覚に意識的に焦点を当てた、洗練されたプロダクトを開発していらっしゃいます。会社名となった "inframince" は、「極・極薄の」という意味の、デュシャンによる造語です。是非いちどサイトをのぞいてみてください。この化粧品も、私自身ずっと愛用しています。http://inframince.jp/







Now in progress: "Find the Scent of Tulips (or Find Confusion...)" at Amsterdam Tulip Museum

現在進行中:"チューリップを探せ" @ アムステルダム・チューリップ・ミュージアム 




Put your head in these tulips. You will notice they smell of various bulbous flowers: Tulip, Hyacinth and Narcissus (Daffodil). But which one carries the actual scent of tulips?
Permanent installation at Amsterdam Tulip Museum
Concept : Maki Ueda
Special thanks to : Omega Ingredients (www.omegaingredients.com)
Realization by : NEZU AYMO ARCHITECTS (www.nezuaymo.com)


これらのチューリップを頭にかぶると、チューリップ、ヒヤシンス、黄水仙の香りがします。どれがチューリップの香りでしょうか?
アムステルダム街中にある、Tulip Museum の改装に伴い、インスタレーションを製作中、ほぼ完成。パーマネント・コレクションです。
コンセプト: Maki Ueda
協力:Omega Ingredients (www.omegaingredients.co.uk)
制作:NEZU AYMO ARCHITECTS (www.nezuaymo.com)







Now in progress:  “Pearl” Exhibition at De Lakenhal Stedelijk Museum Leiden (The Netherlands) in Autum 2012

現在進行中:オランダ・ライデン市立美術館にて、「真珠」をテーマとした展覧会に向けて制作準備中






Now in progress: Smell Festival in Bologna (Italy) in May 2012 

現在進行中:5月にはイタリア・ボローニャで行われる smell festival に参加予定




In the year 2011 I was often on retreat in Japan to recover my sense of smell damaged by allergy (hay fever that is site-specific to European climate).  Since then I'm based in Japan, flying occasionaly to Holland.  That helped my condition recovering.  I also have quite a few projects coming up in Singapore - see you somewehre, sometime!
* This newsletter is sent to you because you have met me before or have been in touch with me befire.  Sent to you in html format with Bcc. If you wish not to receive it any further, please let me know.  Forwarding is welcome.


 2011年を総括すると、ちょっと休業気味の、鋭気を養う年でした。長年患っている土地性のアレルギー(ヨーロッパでのみ発症する牧草花粉症)によって、鼻も効かなくなってしまったため、夏はゆっくりと石垣島で療養し、その後は基本的に日本にいます。おかげさまで嗅覚は戻りました! 今後も基本は日本を拠点に、ときどきオランダ、シンガポールなど、ちょっとノマド的な生活になる予定ですが、これまで距離が遮っていた日本での展示やプロジェクトなども可能になりました。気軽にお声をかけてください。
 匂いだけでなく、食やフレーバーに関するプロジェクトが世界のいたるところで多数進行しています。特にシンガポールにおいては、様々なプロジェクトが展開していく予定です。ご縁もあり、シンガポール法人も立ち上げ、拠点ができました。シンガポールは今や、アジアのNY。今後も更に、国、人種、文化、言葉、既成概念などの枠を超え、共感できるものを作り続けていきたいと思います。


*このメールは、これまでお会いした事のある方々、そして名刺交換させていただいた方々などに、html 形式でBccにてお送りしております。今後不要な場合は一報いただければ幸いです。転送歓迎です。


atelier MAKI UEDA

www.ueda.nl

maki [ at ] ueda.nl
olfactoryart [ at ] gmail.com
NL: +31 - (0)6 - 54 65 80 54
JP: +81 - (0)90 - 77 11 60 05
skype: makiueda
facebook: maki.ueda

2012/01/09

El Bulli 〜世界一予約のとれないレストラン〜

世界中のシェフに多大な影響を与える、フェラン・アドリアとそのレストラン、El Bulli のドキュメンタリー映画です。




映画『エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン』公式サイト




嗅覚が私の領域ですが、味覚もご近所さんなので、このレストランの動向は見守ってきました。しかし料理のライブ感やスタッフの緊張感は、本ではなかなか伝わりませんね。この映画はそれを写実的に伝えてくれます。


フェラン・アドリアが、蛍光色に光るキャンディを舐める暗闇シーンで幕が開きます。(この蛍光原材料が「日本の魚」から作られるらしいのですが、いったいなんでしょうね。)


「客がうちのレストランに求めるのは、オドロキだ! 楽しさだ! 味はその次。」と、何度もスタッフに伝えるフェラン・アドリア。情熱的で、お茶目で、憎めないキャラです。


このレストランは、バルセロナから車で2時間ほどの美しい海辺にあります。1年の半分のみオープンしており、残り半分をメニュー開発の R&Dに費やすのが El Bulli スタイル。




El Bulli 営業時には50人以上のシェフがいますが、ブレーンはほんの3人。「その他大勢」のシェフ達は、そのシーズンだけ雇われた見習いシェフがほとんど。

メニュー開発をするのは、まさにこのブレーンの3人。お互いにアイディアを出し合い、素材を検証し、メニューを開発していきます。その結果に対して、「むしろこの素材の方が良い」などのアイディアを出したり、批評したり、ダメ出ししたり、そういうプロデューサー的な立場に立つのが、フェラン・アドリア。




映画を見てわかったことなのですが、開発の鍵を握っているツールが、なんとPC。たとえば、テーマが「柿」だとします。「質感はドライ・トマトみたい」「中に種が入っている」などなど、写真付きで、スタッフが観察レポートを作っていきます。そして、「パルメザン・チーズと組み合わせると、良かった」「ソースを作ってみた」などの、ちょっとしたアレンジの結果なども同時に残しておく。


スタッフがこの記録を無くしてしまった事件がありました。紙にはプリントしていたので、ハードコピーは守られている、というのがスタッフの主張でしたが、フェランは怒鳴りました。「紙では意味がない!」いかにプロセスのデータ化を大事にしているかがうかがえます。膨大な量の実験記録を残しておけば、あとからいつでも検索でき、適宜修正し、応用できるからです。それは、科学者のマインドに近い。


「オドロキを提供するには、テクノロジーは必要。でも、いつもというわけではない」「その料理の、コンセプトは何だ?」といった言葉は、彼がいかに料理をメッセージを運ぶものとして捉えているかを物語ります。それは、アーティストのマインドに近い。


フェラン・アドリアは、料理を芸術のレベルまで高めた人、ともいえるでしょうか。あのドイツのカッセル・ドクメンタにも招聘されたというのですから。「味覚や触覚は芸術の対象になりえない」と唱えたのは、18世紀のドイツ人思想家カント。そんなドイツにおける最高峰のアート・フェスティバルにおいて、フェランが料理をした。よく考えると、なかなかありえないことです。ひとつの新しい時代を作った人だと、私は思います。




関連リンク


elbulliのサイト
http://www.elbulli.com/


世界NO.1レストラント エル・ブリが完全閉店の本当の理由
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110526/1035903/


ライフバランスを見直したい
休業を発表した「エル・ブリ」シェフ、フェラン・アドリア氏



m-takaのエルブジ体験記
http://www3.big.or.jp/~m-taka/jyoho/fs3.htm



香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...