投稿

11月, 2010の投稿を表示しています

メディア・アート創世記ー科学と芸術の出会い

イメージ
メディア・アート創世記ー科学と芸術の出会い
坂根厳夫 (著)




折々私を励まし、サポートしてくださっている恩師・坂根巌夫先生による最新著作です。メディア・アートの拡張系としての「匂いのアート」を説明する例として、私のことを書いてくださいました。超アナログなことをしている私ですが、こうしてメディア・アートの広い草原の一端を担っていると認めていただいてます。

坂根先生の授業を受講したのは大学1年の頃。慶応時代の藤幡先生や周辺の仲間の名前を辿りながら、これまでの18年を振り返り、感動を味わっています。

SMELL LISTENING WORKSHOP - Looking for Truffles (トリュフを探しに)-

イメージ
SMELL LISTENING WORKSHOP
2010.10.17.
(as a part of CAMERA JAPAN FESTIVAL 2010)

組香: Looking for Truffles (トリュフを探しに)























photos: Lucia Guglielmetti

組香: Looking for Truffles (トリュフを探しに)

伽羅 試無 本一   Truffle  トリュフ  
羅国 試一 本一   White mushroom マッシュルーム 
真南蛮 試一 本一  Porcini ポルチニ
真那賀 試一 本一  Poisonous red mushroom 赤い毒キノコ
佐曽羅 試一 本一  Shiitake 椎茸
寸聞多羅 試一 本一 Magic mushroomマジック・マッシュルーム

設定:
秋、雨が上がった後、森へキノコ狩りに出かける。キノコを見つけて喜ぶも、それが何のキノコかを特定するのは難しい。中には毒性を持つものもあるから、トリュフはおろか、ポルチニやマッシュルームさえ収穫するとなると勇気が要る。キノコ狩りにつきまとうそんな困難、迷いやスリルを、同じ種類の香木を嗅いで微妙な違いを「聞き分ける」香道に重ね合わせた。

ローズの香りのする焼酎

イメージ
私の地元は千葉市幕張本郷なのですが、そこでサツマイモを栽培して焼酎を作ってる旧友がいます。こんな写真が届きました。




今年の焼酎仕込みでは麹室に入り米麹を素手で均す作業をしました。

作業が終わった後、手に残った麹の甘い匂い(ほのかな酒粕のような)が何ともいえずいい香りでした。

赤ちゃんの香りのような、一瞬にしてDisarmされるような優しい感じの匂い。

手もすべすべになりましたよ。


うーんなんて羨ましい! 写真からもう香りが漂ってきそう。

昨年の芋焼酎をいただいたことがあります。とにかく香りが普通の焼酎とは違いました。

甘いローズのような香りがするのです。

ワインとかパフュームの世界では bouquet と表現されるような・・・

いやそれは大げさかもしれませんが、しかし幕張という地は、青木昆陽という人が関東で最初にサツマイモを栽培した地なのです。それにより飢餓を救ったということで、「芋神様」と呼ばれています。青木昆陽先生の魂がこもってるのかも?

芋焼酎「7年祭り」についてはこちらをご覧下さい。
http://imogamisama.makusta.jp/

SMELL PAINTING - 難聴の子のためのワークショップ -

イメージ
アートに力があれば、それは単なるエゴの表現にとどまらず、人々に勇気を与えたりインスピレーションを与えたりすることができます。

今回は福祉イベントとしてのアート・ワークショップ。福祉とアートは実は似た存在なのではないかと感じた仕事でした。

SMELL PAINTING ワークショップ (KRISTINA ANDERSEN とのコラボ)は、1ヶ月半に渡ってオランダ全土をツアーしました。

PRODUCTION: NSDSK
ORGANIZED BY: 2+ PRODUCTIES















先週末で終わりました。

今回のクライアントは、難聴児をサポートする福祉団体 NSDSK。ギャラリーや美術館ではないのです。まったく違った仕組みで動いているその世界を垣間見ることになりました。福祉団体側にとっても初めての試みでした。

オランダはよく言われるように、福祉が発達しています。この団体は、オランダで生まれる全ての赤ちゃんに、生後2週間以内に聴覚テストを実施するほどなので、どれだけ大きな組織かご想像がつくでしょう。

そういった福祉団体が、難聴児のための、五感統合的なアート・フェスティバルを提供した中で、我らのワークショップは嗅覚と視覚の共感覚(synesthesia)を扱いました。他には触覚を扱ったインスタレーション、あとは子ども参加型のピエロ風なパフォーマンスがありました。

パフォーマンス
Wonderland (Makiko Ito)


触覚インスタレーション
Het Pieter Peuterpad (Diederike Smits)