2009/10/30

FoAM BAZAAR と Scents of Hollandの展示

Scents of Holland
@FoAM BAZAAR







実は息子を同行せざるを得なかったので、夜のパーティを楽しむことはほとんど叶わず、唇を噛む思い。けれども、じつにインスピレーションとファンタジーに満ちた展示でした。一晩だけなんてもったいないと思われるほど。

展示の大枠テーマは「plants and vegetation」。日本語にすると、植物と園芸。簡単にいうと、人と植物の関係を新たな視点から探り直すもの。

下のTheunが展示したのは、アムステルダムの町中で見つけた草花から作ったジュース、ジャムなど。



下のは、植物が発するデジタル情報が映像データを乱すことで、アブストラクトな映像を作る、といった実験。




下のは TALES OF TALES の作品。
まるでナウシカの世界のようなゲーム空間。


こちら、折り紙コーナー。私が同行した息子のために特別に作りました。


Lina Kusaite のイラストレーション。まさにナウシカの「ふかい」を思い起こさせる。あのファンタジーにどっぷり漬かった世代にはたまらないイラストレーション。


彼女のインスピレーション源は、植物の観察と研究にある。





彼女の植物コレクションの数々・・・まるで生物の臓器のような形態をしている。



彼女のイラストレーションの世界観と、匂いとを組み合わせて、一緒に何かしてみようか・・・というコラボレーション案が出て来た。楽しみだ。私としては、誰かとコラボレーションしたいと自発的に思うのは珍しいのだが。

こういうインスピレーティブな磁場というのは、作ろうと意図してもなかなか作れるものではない。オーガナイズする人たちのエネルギーとかバイブレーションによって、偶然的かつ必然的に生まれるものだと思う。

その基本は、何と言っても「食」だと思う。人間ががそこからエネルギーをいただくわけだから、おろそかにはできない。お腹を満たしてくれると、誰でも小さなシアワセを感じるのだから、人間はわりと単純な生き物。それをFoAMは良く知っている。だから、人が喜んで寄ってくる。

FoAMのイベントでは、ある夫婦がいつもケータリングをしてくれる。旦那さんの方が、いろいろなハーブを漬けたリキュールでカクテルを作ってくれた。

2009/10/28

Scents of Holland もバージョン・アップ

10月中旬で仕事が落ち着いたと思ったら・・・

まったくしてません!

ずっと仲良くしてるブリュッセルのFoAMから、あるイベントへの作品出品依頼を受けたのがつい先日。FoAMの中心人物がずっと病気だったので、なんとかサポートしてあげたいという気持から、日も迫ってるのについ"Yes"と言ってしまいました。(子供連れで行くことになるから大変。)

しかし。あいかわらずサイト・スペシフィックなプロジェクトが多い私には、ポンッ!と展示できるような作品のストックがない。唯一できるとすれば、これしかないか・・・

と、香水シリーズの作品
Scents of Holland (2008) をリメイクすることにしました。

前に作ったバージョンでは「チーズ」の香りの安定性が悪いことがわかっていたので、とくに力を入れて改善を試みました。

チーズをアルコールに撹拌させ、フィルターしているところ。
(「撹拌」は、私の試行錯誤をこのブログで追っていたその道の方のアドバイスを参考にしました。ときどきブログ上でいただくアドバイスは、ほんとうに貴重です。)



その後、蒸溜してみました。
どうなるかな〜と思いながら。チーズを蒸溜するのは初めてなので、どうなるかはわからないけど試してみるか、くらいの気持で。



ところが・・・

このニオイ・・・ ダメ、わたし。
 
原因(推測): 使ったアルコールが悪かったのだろうか。MEK 1% エタノールは、蒸溜には向かないということか。その他、とくに表現したかったダッチ・チーズらしい香りは、熱を加えたことで壊れてしまったのかもしれない。

ちょうどその折り、イギリスからあるフレーバー・ハウスの社長さんが遊びに来ていました。なんてタイミングのいい人なんだ! 彼からいただいたアドバイスを基に、またやり直しました。



好ましい結果が出ました。
安定性に関する正確な結果は、時を待つ以外にありませんが。



ヒヤシンスに関しては、3月に作ったアンフルラージュを基に、エキストラクトを作りました。その頃あまりにライデンのプロジェクトで忙しく、濃度を高める暇がありませんでしたが、かなり自然に近い匂いが採れました。







明日ブリュッセルFoAMの BAZAAR で売ってきます!
ギャラリー・プライスでは30ユーロ(じつは大特価)にしてるけど、明日はいくらに設定したらいいでしょうかね。
わりとたくさんの人に買ってもらえる値段にしたいのだけど。

2009/10/22

The Scents of Holland: FoAM にて展示販売のお知らせ

showing and selling
Scents of Holland
at FoAM (Brussels, BL)



To celebrate the fertile relationships between humans and plants, FoAM (Brussels, Belgium) invited artists, gardeners, cooks & engineers, to share their prototypes, works in progress and other curiosa at the groWorld bazaar.

The stalls will include local and trans-local produce, such as:

- groWorld plant game prototypes by Tale of Tales & FoAM
- groWorld gardeners web by Sixtostart
- Urban Edibles by Foamlab Holland
- urban gardening info-booths by FoAM & Foamlab
- biologically corrupt hard-drives by Angelo Vermeulen
- PhoEf organic solar cells by Bartaku
- patabotanical illustrations by Lina Kusaite & Theun Karelse
- experiments with plant sensing by Nik Gaffney & Dave Griffiths
- vegetal scents by Maki Ueda
- seasonal botanical refreshments by Rasa Alksnyte & Pieter de Wel
-...

Join us at FoAM, for a colourful evening of browsing & lounging, learning & playing, from 6-9PM on the 29th of October 2009.
29 Oct 2009 - 18:00 - 21:00

FoAM
Koolmijnenkaai 30-34 Quai des Charbonna
Brussels

about the work 'The Scents of Holland':
http://www.ueda.nl/scents_of_holland

about the BAZAAR
http://grig.info/groworld_bazaar

Edible Perfume Workshop @ Dordrecht

original site: Camera Japan Festival

Edible Perfums

zaterdag 10 oktober

Workshop 'Edible Perfums' door Maki Ueda.
Geuren worden ontrokken uit eten, geinspireerd door het foodparing concept. De deelnemers namen twee basisingredienten mee en maakten daar hun eigen 'eetbaar parfum van'.
De resultaten werden 's avonds tentoongesteld tijdens [F]luister.






































香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...