2009/08/26

De Kunstmarkt オープニングのお知らせ

opening of De Kunstmarkt

on Sat. 28th August 2009
from 15:00 till 22:00
at
Van Speykstraat 129, Rotterdam

またまた予告が直前になってしまい、すみません。

今週土曜日、ロッテルダムにアート・ショップ De Kunstmarkt がオープンします。

その前身 De Kunstsuper にて販売していた香水 The Scent of Holland を、継続して販売する運びとなりまして、

土曜日のオープニングでもちょっとしたプレゼンテーションをすることになりそうです。



The Scents of Holland Perfumes
  • 秋の落ち葉
  • チーズ
  • 芽キャベツ
  • スペキュラース

オープニングが 15:00 〜 22:00 と、なんでこんなに長いのかはわかりませんが、

パーティ好きな人たちといえば、何が起こるかはきっとお察しいただけるかと思います。

楽しくなること請け合い。お近くの方は是非。


29-08-2009

Zaterdag 29 augustus 2009 opent de Kunstmarkt zijn deuren aan de Van Speykstraat 129, nabij de kruising met de Nieuwe Binnenweg. De over een vloeroppervlak van 250 m2 beschikkende KunstMarkt is een onderdeel van De KunstSuper. De KunstSuper zal zich in de toekomst vooral richten op haar expositiefunctie.

In de KunstMarkt aan de Van Speykstraat kan de bezoeker ‘betaalbare kunst uit het schap’ aanschaffen. Mede gezien de sociaal-economische positie van veel bewoners in het Oude Westen acht de KunstMarkt het van groot belang de toegang – en daarnaast de aankoopprijzen van de kunstwerken – laagdrempelig te houden.

De opening van De KunstMarkt begint om 15.00 uur en zal duren tot 22.00 uur. U bent van harte welkom.

2009/08/24

WALK & SMELL ご報告

フィールドワーク形式のワークショプ WALK & SMELL

Aug. 22th & 23th, 2009
at Kooipark, Leiden, NL













なによりもまず、天候に恵まれました。
カラッとした気温と湿度、澄んだ空気。
しかも・・・花粉飛散量も少ない!
(魔女はまだまだ花粉症中なのです)
お天道様ありがとう!

残念だったのは、参加者が予想以上に少なかったこと。オランダでは子供も大人もまだ夏休み中ですから、これは懸念材料ではありましたが、オーガナイザーの都合でもあったので仕方ないです。

そのかわり、参加者とパーソナルな対話形式のワークショップにすることができ、私もエネルギーをいただくことができました。新たなアイディアもいただきました。

慣れないオランダ語でのワークショップということもあり、なかなか口をついて出て来ない言葉を代わりに言っていただいたりして、オランダ語も学びました。当初、オランダ語でやる予定ではありませんでした。(というよりあまり何も考えてなかった。)けれどもやっぱり何かを伝えたいと思った時、相手がオランダ人なら、上手な英語より下手なオランダ語の方が伝わるだろう、というカンが働くのでしょうかね。気づいたらオランダ語でやってました。



いったいどんなワークショプだったのでしょうね?
ちょっと擬似的にツアーしてみましょうか。


オランダの自然で最もよく見かける、松。葉を揉んで匂いを嗅ぐと、レモンやオレンジ、ミントのようなスッキリする香りがします。


松の子供の、松ぼっくりはどうでしょう。香りがとても似ているでしょう。


おなじみのローズ。ローズは溶剤抽出法、あるいは蒸溜法で抽出されます。それぞれの特徴を説明しました。


オランダ語で Kampafoelie というそうです。百合、ジャスミン、ローズ様の香りです。


この花、いい匂いがするかと思いきや、全然! でも葉っぱの方はいい香りです。胡椒、グレープ、オレンジといったところ。


「これ、オレンジの香りとそっくりね!」


オランダ全土、どこにでも生えている klimop。この花はフキのような脂っこい匂いがします。オランダの秋の夕べを覆います。


Vlinderstrook という、オランダ人にはおなじみの花。白と紫を比べました。白の方がバニラっぽく少女のようで、紫の方がセクシーな香り。


Rozenbottelの葉っぱは、アップルの様な香りがします。


この草、ミントかと思いきや・・・ 
「うわ! 変な匂い!」
「何かの匂いに似てるね」
「そう・・・ペットショップの匂いみたいね」
「そうそう、ほら、鳥カゴの匂いじゃない?」

・・・こんなふうに、参加者の力を合わせながら焦点を絞っていくと、けっこう面白い匂いの連想ゲームができるんですよ。ひとりではとても辿り着けません。

2009/08/21

Walk & Smell - ウォーキング・ツアー

この週末、ライデンにてワークショップをやります! ある公園にて、「鼻を使って」歩き回ります。わたしが普段どのように鼻を使って世界を見ているかを、一緒に体験していただくという、カジュアルなワークショップです。ちょっと異次元の世界をかいま見ることができるかも? 実生活に使われている香水やトイレタリー製品と、個々の植物との繋がりを種明かしするレクチャーも。


8月22日(土)
1st round 13:00 - 14:30
2nd round 15:00 - 16:30

8月23日(日)
1st round 13:00 - 14:30
2nd round 15:00 - 16:30


参加費2.5ユーロ

Leiden Kooipark にて (集合場所: Kooipark 噴水あたり)
地図とイメージ写真



参加表明はwijkenvoorkunst@lakenhal.nlまで。
急なので、私の携帯までご連絡下さればなんとかします。06-54658054

Holland Mania website


Walk & Smell wandelingen - 22 en 23 augustus

Op 22 en 23 augustus organiseert Maki Ueda in het Kooipark vier geurwandelingen. Ueda werkt met geuren zoals andere kunstenaars verf, hout of metaal gebruiken voor een schilderij of beeld. De kracht van geuren om herinneringen en emoties op te roepen, je te herinneren aan voorwerpen of gebeurtenissen vormt de rode draad in haar werk. In de wandeling vertelt Ueda over deze werking van geuren van bomen en planten die je tegenkomt en over de manieren om met natuurlijke ingrediënten nieuwe geuren te maken.



De wandelingen in de Walk & Smell-tour vinden plaats in het Kooipark op zaterdag en op zondag om 13.00 uur en om 15.30 uur en duren maximaal anderhalf uur. Per wandeling kunnen 15 mensen mee. Deelname kost € 2,50 per persoon. Kaartjes zijn te reserveren via wijkenvoorkunst@lakenhal.nl. Deelname gebeurt op volgorde van aanmelding.

2009/08/19

日本の匂い

2009年夏の日本滞在でぶらぶらしているあいだに嗅いだ匂いです。



七味唐辛子。
左の3種類は確か唐辛子。
焼いたのとか、焼いてないのとか、いろいろあるんですね。
4番目から:陳皮、山椒、麻の実、青海苔、胡麻。
辛さをほどほどに調合してもらいました。

七味唐辛子のような文化固有のブレンドといえば、
インドでいえば masala。
モロッコでいえば ras el hanout。
中国でいえば 五椒粉。
フランスでいえば burchetta。
えーと・・・後が続かない。





干物の匂い。
江ノ島・腰越漁港近くにて。





湘南の海の匂い。
他のどの海とも違います。
大学時代の青春を過ごした場所なので、忘れられない匂いです。






クチナシの匂い。
暗闇に、ぼうっと白く浮き立ち、甘美な匂いで異性を誘惑する。
(クチナシさんの場合、誘惑してるのはたぶん蛾なのでしょうけど 笑)





参道。
神社だとたいてい杉の他にも楠木が並ぶので、全体としてはすごくスーッとする匂い。
いやがおうにも心が鎮まる。





これは橘の実でしょうか。
残念ながら花の季節ではなかったので、香り立つのは私の心の中でだけ。

箱根湿生植物園

箱根の仙石というところに、町営の湿生植物園があります。

ときは7月末。箱根に行ったはいいものの、雨で暇を持て余し、森で散歩でもしたいところだけどぬかるみにハマってしまうし、それなら植物園で散歩しようか、ということになったのです。

丘なのに湿生というのが珍しい。
昔から湿地だったのが、火山活動で隆起したのだとか。





魔女はもちろん、鼻を使って歩きました。
雨が降っていたので、あまり香りが立つような状況ではなかったのですが。


百合。これだけあると辺一面に香ります。


ライラックはまさにヨーロッパを代表する、ラベンダーと並ぶ昔ながらの芳香植物ですが、北海道育ちの母が「懐かしい!」というのです。やっぱり気候が似ているのですね。


水菖蒲。その時期に来てみたいところ。




ゴマギ。ゴマ油の香りがするというので、葉の匂いを嗅ごうとしたのですが、何しろ雨でどうも今一・・・。




「ハエが寄るような嫌な臭い」、この表現かなりいいです。想像力が掻き立てられます。

この湿生植物園は食虫植物の育成に力を入れているようです。
以下、妖しくも美しい食虫植物の数々、お楽しみください。











2009/08/10

江戸遊女の匂い

去る8月2日(日)に行なわれた、「江戸遊女の匂い」ワークショップの模様です。

AOFのサイトへジャンプ!
http://www.aof-aroma.com/?p=710リンク

今回は参加者の方達ひとりひとりとじっくりお話し、
匂い談義を交わすことができたので、
ワークショップというよりはさながらサロンといった雰囲気でした。
わたしも色々教えていただくこと満載でした。
次回も、こうしましょう(笑)



香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...