2007/09/25

9月22日 初演

毎晩遅くまで詰めても、ふだんの生活週間から、どうしても朝早く起きてしまう。
午前中はゆっくり休んで疲れを取り、少し街を散歩して、劇場に向かいました。
昼食後、皆で黙々と300kg分の紙吹雪を片付けました。

乳液に加える香料として、モス・パフュームを試作。
パフュームというより、モス・アコードを作るといったていどですが。
(ここでフランスの調香師学校で習ったことが役立つとは思ってもみませんでした。)
パレットは、アイスランド・モス、オーク・モス、杉苔、白檀。
少しずつ加えながら、匂いの色相の変化を見ます。

モス・アコード:
  • alcohol 5.00ml
  • oak moss 0.25ml
  • iceland moss 0.75ml(自製エキストラクト)
  • 杉苔 0.50ml(自製エキストラクト)
  • 白檀 1滴



そして、本番用の乳液の制作。
リハーサルで使われた乳液にもうすこしテキスチャーが欲しい、
との要望がパフォーマーからあったので、
本番用にはジェル化剤を大目に入れてみました。



乳液 4 (本番用)
  • Iceland Moss 煮出し汁 200ml
  • アーモンド油(精製) 45ml
  • 乳化剤Tegomuls 小さじ3
  • ジェル化剤(キサンタンガム)2包

香料
  • Iceland Moss 5ml(自製エキストラクト)
  • Oak Moss 2.5ml
  • 杉苔 4ml(自製エキストラクト)
  • 白檀オイル 8滴
  • 檜オイル 3滴

オーク・モスは、注文したのが前日に届いたばかり。
これは現代のフランス系の香水にはよく使われる素材のひとつで、
他の匂いを長持ちさせたり引き立たせたりする役割がありつつ、
今回の主題が「モス」なので、その主役としても活躍できるはず。
(実はアイスランド・モスと同様、シダ類なのですけどね。)
隠し味として選んだのは、白檀と檜でした。
白檀は暖かくウッディなので、モスとは相性が良いはず。
檜は立ち上がりがカンファー、時間が経つとウッディなので、
トップ/ミドル/ベースと活躍し続けてくれるはず。
唯一のトップノートとなるので、前面に出過ぎないように、ほんのわずかのみ。
やはり隠し味があった方が、主役のモスが引き立つようです。
料理と同じですね。
人間の嗅覚には、それだけの深みに付き合う力があるということでしょうか。



いよいよ始まった。4時間のパフォーマンス。
空間内にはお客さんは自由に出入りしてよいことになっていますが、
最上階にあるため、例によって防災対策で、下の階で人の流れを制限しているようです。
なのでここにたどり着くお客さんは、並んで待ったご苦労様な方々。
その甲斐あったと思っていただきたいものです。






モスの薫香を1時間前に点けておき、万全な準備はしたはずなのですが、
スタート時になっても、どうしても匂いが充満しません。
匂いも音と同じで、お客さんがあるていど吸収してしまう点はあるのですが。
それを差し引いても、おかしい。
原因はなんと、入口に充満していたガムテープの匂いにありました。
じつは火災防止のために注文をつけられた点のひとつ、
入口の敷居を紙から黒布に急遽交換したため、
開演の直前に使われたガムテープ。
かなり揮発性の高い匂いのようで、あれこれ試してみましたが、
それを消すような匂いを出すことはできず。

試しに敷居付近にディフューザーを置いてみようかとも考えたのですが、
そこには消火栓がドーンと構えているほどの「防災対策」ぶりなので、
その横に火をわざわざ置くのも、気が引けて。(^^;)

ところがしばらく観察していると、
私のテーブルの周りからは常に人影が消えることはなく、
ガムテープ匂いで充満していた向こう半分の空間にはあまり人が居座ることがないのに気づきました。
私の目の前に座っている人たちはたいてい長時間居座り、
空間で行なわれているパフォーマンスにじっと見入ってました。
もちろん中には「魔女の実験室」を興味深く眺めるもいましたが、
それを観るために居座ったとは思えませんでした。
こちら側の空間がなにか居心地いい雰囲気を醸し出していたのだとしたら、
お客さんはいい匂いについ引き寄せられてしまった・・・ということもあるかもしれません。



予定はしてなかったのですが、
ガムテの匂いに対抗しようと苦戦していたときに、
モス系の香りの他にも檜などのウッディ系の香りを時間をおいて焚いていたのです。
それが混ざり合ったり独立したりして、
結果的には鼻にいい効果があったのかもしれません。
パフォーマーも、途中匂いが変わったのに気づいたとのことなので、
鼻をリフレッシュする効果があったのでしょう。





私の隣のテーブルでは、緑茶と緑茶クッキーがお客さんに振る舞われていました。
「お茶はいかがですか?」と言われるとお客さんもつい、
「喜んで」となるわけですが、
さて飲んだ後にふと「はたしてこれは何のお茶だったのだろう」と疑問に思うらしく、
出口のところで質問する人が後を絶えなかったとか。
もちろんお客さんは、お茶コーナーの隣で「緑のモノ」で「何か」をしている「怪しげな魔女」を見ているわけですから、その魔女がお茶を作っていたと勘違いしたのかもしれません。
「まさか、苔のお茶?!」と聞いてくる人もたくさんいたし、
「ほうれん草の味がする」とか「野菜の味がする」と言う人が現れると「あら、ほんとね」と頷く人もいて・・・
それほど舌は目に騙されるのでしょうか。
結果的にこういった惑わせる効果のある面白みのある舞台装置となったようです。


(お茶コーナーでせっせと食器洗いするハイネ)

いずれにせよ、お客さんにインタビューしたわけではないですし、ひとりひとりの受け取り方、感じ方もずいぶん違うと思います。
でもこういった深みのあるレイヤーを作り込むことにより、パーソナルな楽しみ方をひとりひとりに提供することがこの作品の目的のひとつだったはずです。
その点はうまくいっていたように思いました。
特定の時刻にスタートし、観客席に座ってみんな同時にステージのパフォーマンスを観るといった従来のパフォーマンスとは、プロトコルがずいぶん異なります。
なので、そのプロトコルのデザイン作りから始めるので、一大事業です。
私のバックグラウンドであるメディア・アートの世界の言葉でいえば、「インタラクティブな空間インスタレーション」。
これまでわりと別世界だと思っていたパフォーミング・アーツの世界に、スーッと一本の糸が通りました。

(パフォ−マンス、無事終了)






パフォーマンスの間に乳液を作るのも、わたしの舞台装置の一部としての役割でした。
役者としての演技ではなく、ほんものの作業です。
調香もしました。
当然、人々は「いったい何してるの?」と興味津々。
ここゲントではフラマン語が使われていて、ほとんどオランダ語と同じ言語。
聞き取れた限りでは、人々は楽しそうにconfusedしていたようでした。

この作品を生み出したハイネは、技術回りなどをテクニシャンと共に一緒に作っていく姿勢を持ち、そういう彼の謙虚で寛容な姿勢はプロジェクト全体の雰囲気を大きく左右していたと思います。
仕事していてみんな楽しそうでした。
彼自身、とても匂いのことなど気遣う余裕もなかったのか、それとも私を信頼して任せ切ってくれたのか、
自由にやらせてくれ、とても有り難かったです。

しかし・・・
空間を匂わせるということ、一筋縄ではいかないという点、ひとつ学びました。
お客さんの鼻にかなり幅の広い個人差があり、それが体験を大きく左右する点は重々承知していましたが、
舞台装置の発する匂いと、空間の空気の流れ、お客さんが吸収してしまう匂い、そしてお客さんがつけてきた香水や、お客さん自身のありとあらゆる体臭(^^;)のことも念頭に置かねばならない。
今後ぜひ経験を積んでいきたい分野です。

そうそう、それで肝心の乳液とその香りですが。
一晩寝た翌朝、目が覚めると同時に、手からモスの匂いがするのに気づきました。
成功です。

9月21日 初演1日前

午前中は買い出し。
ゲントへは何度も来ているのに、その都度パフォーマンスを観るなどの目的を果たすだけだったので、街を
歩くのは初めてでした。
景観が乱れているところも若干ありますが、散歩が楽しい中世の素敵な街です。

昼食後、パフォーマンス・スペースに行くと、前日のガムテープの匂いが消えてはいるものの、
苔が微かにカビ臭い匂いを発し始めているのに気づきました。
喉を刺すようなこの匂いこそが、わたしの悩みの種である山苔エキストラクトのトップ・ノート。
なのですぐ気づいたのかもしれません。
この匂いがしている限り、お客さんはこの空間を「気持ちいい」とは思えないかもしれない。
そう考え、とりあえずしばらくは水撒きを控えめにしてもらうようにお願いしました。

Soxhlet 蒸留器を設置しました。



昨日の試作で、匂いつきの蒸留水を使うとそれだけで乳液がけっこう匂うことがわかったので、Iceland Moss を水でSoxhlet抽出しようと試みます。
(この濃い抽出液を乳液に使えれば、香料を入れずに済むかもしれない。
香料を入れると、微量ではあるけど必然的にアルコールが乳液に混ざることになるので、
4時間これを使い続けるパフォーマーの手がガサガサになる心配もあるため。)
ところが、火力が弱くうまくいきません。
かといってこれ以上火力を強めるとすると、油を使わざるを得ず、フライドポテト屋さんのような匂いが空間に充満してしまう・・・。
やはり普通に煮出し液を使うことにします。



煮出し液:
  • 蒸留水 1000ml
  • Iceland Moss 25g
約1時間煮る。



(苔の中に小さなストーリーを散りばめている最中。パフォーマーのユキコさん)



(舞台設計を担当しているさおりちゃん達は、紙吹雪のようなコンフェティで床を埋め始めた。)






(苔の合間から顔を出しているのはハイネ。体をかがめないとこのボックスに入れないところは、お茶室の入口を想起させる。)


(ノルウェーから船に乗ってやってきた音楽家のふたり。私生活をそのまま表すように、息がピッタリ合っている・・・。彼らの音を聞きながら作業するのは至福のひとときだった。)






夜はパフォーマンスのリハーサルが予定されていたので、そのための乳液を作りました。
実際に乳液を使用するパフォーマーとテキスチャーについて相談し、乳液2 のレシピをベースにすることにしました。
(乳液を使った後にいつまでも手にネトネト残るようだと気持ち悪いだろうし、かといって滑らかなハンド・インタラクションを可能にするためには油分が必要だし。
ちょうどいいバランスだったのが、 2 のレシピだったわけです。)

乳液 3 (リハーサル用)

  • Iceland Moss煮出し汁  300ml
  • アーモンド油(精製) 45ml
  • 乳化剤Tegomuls 小さじ3
  • ジェル化剤(キサンタンガム)1.5包

香料
  • Iceland Moss extract (自作)7ml



(リハーサル中)







結果
「塗ってるときにさえモスの匂いがしてきたよ!」という人と
「まったく匂いに気づかなかった」という人に二分され、個人差があります。
個人差があるのは考えてみれば当たり前ではあり、
鼻の経験や閾値などと関わっている深い問題でもあります。
けれども、いろんな種類のモスの匂いをカクテルすれば、
それだけ多くの人に気づかせるチャンスは多くなるはずです。
今日は Iceland Moss のみ1種類を香料として使いましたが、
本番用にはいろいろなものを混ぜて調香ことにしました。
すなわち、調香師の学校で学んだ「アコード作り」です。

リハーサルの直前、劇場側から火災防止のためのチェックが入りました。
私たちが作った空間には紙が大量に使われていて、
それが大問題であることが判明。
今日のリハーサル開始の1時間前にはモスを薫香しようと思っていたのですが、
火を使うなんてとんでもない状況でした。(^^;)
お客さんが空間に入る瞬間に、何かしらモスの匂いに気づいてもらう、
というのが私の意図のひとつではあったのですが、この日は断念。

リハーサルの後、みんなで話し合い、
翌日にみんなでコンフェティを片付けることにしました。
残念ですが、大量の人が同時に訪れる劇場ならではの危機意識も理解できます。
この作品ではより触覚的な体験を意図して、
空間に入るときはお客さんに靴を脱いでもらう予定だったのですが、
それも劇場のマネージャーからは許可をもらえません。
そこには納得できるような理由はなにもなく、
問題を避けるため最終的にはハイネもこれに応じましたが、
人前で靴を脱ぐことを屈辱的とさえ感じるこの文化圏ならではかもしれません。

9月20日 初演2日前

2007.09.20.

昼ごろ、ゲント Vooruit 入り。




(Vooruitはゲントの劇場・音楽堂で、ご覧のとおり古く豪華な建物です。カフェも天井が高く、ディスコも昔ながらの素敵なボール・ホール。ゲントの若者は羨ましい。こんなところで仕事できるのも、光栄です。)

魔女の実験室の出張版として奇跡的にスーツケースに収まった実験器具。
今回のパフォーマンスでは、それらは舞台装置の一部でもあるのです。
(ふつうはそんなもの車で運搬するところでしょうが、我が家の車はかなり大きなバンで、なんと魔女はそのクラッチに足が届かぬため、必然的に電車となります。電車が好きなので、それもいいのです。)

依頼主のハイネはノルウェー人のコレオグラファー(演出家/振付家)。
彼の作品 drop a line はこれまでも上演されてきたものですが、今回は規模を大きくし、いろんなレイヤーでの体験を観客にオファーできるように相当な工夫を凝らしたものです。
いってみれば手・足・目・耳・舌・鼻の体全体で体験する、全感覚的な作品。

パフォーマンスの空間は、フロリストのさおりちゃん主導で森から集めてきた苔で埋められていて、それだけで気持ちのいい空間でした。
この日は貼りたてのガムテープの匂いで充満してましたが、それもじき消えるでしょう。



ハイネ達が既に10mほどのホースを2本設置していてくれたので、それらの水回り系がきちんと作動するか、まずは確認。

その後、乳液作りのための実験器具を設置。



乳液 1 try-out

これまで試作してきたものと基本的には同じレシピ。
香料の配合値と効果を確認するための try-out。

  • 乳化剤Tegomuls 8g
  • アーモンド油(精製)34ml
  • 蒸留水 120ml

できあがり約150ml

香料(それぞれ10gに対し)

[version 1]
  • Iceland Mossエキストラクト(自製) 10滴
  • 杉苔エキストラクト(自製) 5滴
[version 2]
  • Iceland Mossエキストラクト(自製) 3滴
  • 杉苔エキストラクト(自製) 2滴
  • 山苔エキストラクト(自製) 1滴

* 使用したスポイトでは、1ml = 約38滴

結果
version 2 に使用した山苔エキストラクトには非常にsharpなトップ・ノートがあり、それが少しきつい。
自然な山苔ではそれも森の湿った匂いとして余興となるのですが、
濃縮されているとそればかりが気になってしまう。
なので、version 1 に旗が上がる。

乳液 2 try-out

Iceland Moss の煮出し液を蒸留水代わりに使い、
香料のみに頼らない匂いづけを匂いを試みます。
同時に、乳液のテキスチャーの調整を試みます。
これまでの試作ではジェル化剤を配合していませんでしたが、
キサンタンガムという、ハイネ達が日本で仕入れてきた植物性のジェル化剤を使ってみることにしました。

  • Iceland Moss 煮出し汁 100ml
  • アーモンド油(精製) 15ml
  • 乳化剤Tegomuls 小さじ1
  • ジェル化剤(キサンタンガム)半包

結果
モスの煮出し中にその匂いが空間に充満する効果があるので、一石二鳥。
香料を加えなくても、多少のモスの匂いが乳液についている。
とろみもちょうどいい。

2007/09/19

パフォーマンスのお知らせ

これまであれこれ苔の実験していたのも全てはこのため。

Vooruit 25周年フェスティバル
日時:2007年9月22日(土)
場所:ベルギー・ゲントVooruit
"Heine R. Avdal" のグループに参加します。

作品 drop a line は、「パフォーマンス」と「空間インスタレーション」から成り立ち、
4時間の開演時間内はいつでも空間インスタレーションを訪れることができます。

パフォーマンスはその中に特別に作られた小さな空間内で行なわれ、
触覚的なインタラクションがひとつのテーマとなっています。

あまり詳しく種明かしできませんが、
怪しげな魔女は「嗅覚」担当であるのは申すまでもありません。

昨日成功したアイスランド・モスのエキストラクトは、
ムエット(匂い紙)でまだ匂い続けています。
もうすぐ24時間経つのに・・・
まさに香水にも使える質のエキストラクト・・・。商売始めようかな(^^)

2007/09/18

苔の匂いの抽出実験(10) 成功!

昨日に引き続き、アイスランド・モスの抽出です。
今日が3日目。

starting 11:00
stopping 14:00







今日は優しい旦那様が、ポンプを買って来てくれました。
これで冷却水をドブに捨てること無く、リサイクルすることができます。
(私に優しいというか、環境に優しいというか・・・)

抽出を繰り返し、あらゆる精油を洗い流した後、
最後はアルコール(エタノール)のみを飛ばして濃縮します。
フラスコの下の方に溜まった、ドス黒い液体。
これこそが、精油の濃縮された液体なのです。





匂いの質、その強さ、ともに問題なし。
つまり、抽出成功・・・!
匂いの特徴については、エキストラクトが落ち着く明日まで待つしかないが。

ここまで強い濃度で抽出するのは、実は初めての挑戦だったのです。
いわゆる香水の質のエキストラクトを作ることができました。
3日間辛抱強く抽出し続けた甲斐があった。

[memo]
使用エタノール量、合計: 325ml (?)
使用アイスランド・モス、合計: 50g (?)
抽出した精油: 25ml
残り物: 150ml





実験機器を回している間に何をしているかというと、
もちろんプロセスを観察するのは欠かせませんが、
わりと原材料となるアイスランド・モスの処理に追われています。
洗って、ゴミを取り除き、乾かし、砕く・・・ 香水工場の作業員になった気分。



これはまた違うタイプのアイスランド・モスです。
ドイツのハーブ系薬局から取り寄せました。



やはり薬局から取り寄せたせいか、どことなくハーブの匂いがします。
ディフュージョンの実験をしたのですが・・・あまり効果がありません。
でもフラワーショップ系のアイスランド・モスは、かなりうまくいきました。

今日は、これまで長く抱いていた目標へ辿り着くことができた。
濃縮抽出の成功に乾杯。

2007/09/17

苔の匂いの抽出実験(9) アイスランド・モス本番

2007/09/15 MEMO

2007/08/26 に作った山苔チンキの中身を新しくする。


アイスランド・モスのチンキを作る。 つまり、99.8% アルコール漬け。


2007/09/16 MEMO


アイスランド・モスの抽出、本番。
Soxhlet 150ml
エタノール 96%





抽出液を絞り出すのに、すりこぎを使ってます。
抽出物を取り出すのには、さいばし。やっぱりこの辺は、日本人・・・


Start: 11:00
Stop: 23:00

この間に、前日届いたばかりのアイスランド・モスについてきた溶剤(グリセリン?)を洗います。
抽出に使ってる冷却水が、ここでいい具合にリサイクルできる。
しかしフラワー・バスならぬ、アイスランド・モス・バス。
冷静に見るとなんか可笑しい。
この後、ゴミを取り除いて、(これがまた忍耐の要する作業・・・)
乾かして、(急いでるときはオーブンでローストして)
フードプロセッサーで砕いて、
最終的に抽出にかけられます。
我が家はさながら半世紀前のグラースの香水工場と化している。









2007/09/17 MEMO

前日の抽出の続き。
starting 9:00
stopping 13:00
starting 17:00
stopping 23:00 (予定)

中身の入れ変え、今のところ4回。
それぞれ乾燥したアイスランド・モス10g。
これまでに使ったエタノールはトータルで350mlほど。

魔女の実験室は、子供の遊び場にも成り果てました。







今日は懇意にしているサプライヤーを訪ね、フラスコとアルコールを仕入れました。
これまで加熱の問題があったのですが、これでとりあえず解決。
どうやって解決したというと、小さめのフラスコを使うことにして、
これまで使っていたカゴ式のヒーターのかわりに、電気コンロと鍋を使うことにしたのです。

我が家の台所と風呂場、バルコニーは、すっかり魔女にのっとられてしまいました。

香り"X"の分解と再構築 / DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL "X"

香り"X"の分解と再構築  DECONSTRUCTING AND CONSTRUCTING THE SMELL  "X" いくつかの香りをバランスよく組み合わせることを「調香」といいますが、この空間で何をやっているかというと、「...